カテゴリー
未分類

脱毛サロンで勧誘を受けた時の断り方は、有無を言わさない

脱毛サロンで勧誘を受けた時の断り方は、有無を言わさない拒絶の態度を示すことです。さらなる説得のきっかけになるので、理由は言わない方が良いでしょう。
金銭的なことを理由に挙げたりすると、得たりとばかりにローンをすすめられますから、ただ「やらない」ということだけ相手に伝えるのが良いでしょう。断るのが苦手な方はお財布の紐を握っている夫なり親なりに相談する必要がある、などと人のせいにして断るのが効果的な断り方です。
光脱毛はレーザーより光線の出力が低く、負荷の少ない方法ですが、なかには施術ができない人もいますので、ご自身が該当しないかどうか確認してみてください。
ムダ毛を脱色して色素がない方や、抜く方法で脱毛してまだ生えてきていない状態の方は、光脱毛の効果が得られないので、発毛して色素が復活するまでは施術が受けられません。それに、妊娠中の方もできません。
技術的には影響がないのですが、施術の刺激で母体をストレスに晒すのを避けているためです。
光アレルギーの方は光脱毛で照射するライトそのものがストレスになってしまうために、施術が受けられません。
日焼け直後だったり、同じ理由で、肌の状態が良くない場合も施術を断られることがあるでしょう。
後の肌トラブルやもともとの状態を悪化させないためのことですから、やむを得ないですね。
カウンセリング時に説明を受けるとは思いますが、持病のある方や服薬中の方はきちんと申告しましょう。また、脱毛施術が受けられるかどうか、お医者さんに相談してみると良いでしょう。脱毛を機械で行うかサロンで行うかどっちがいいでしょうか。人それぞれの状況に合わせるのが最善です。
脱毛サロンからあまり離れていないところに住んでいるなら、慣れるまでてこずってしまう脱毛器を使うよりはサロンで頼んだほうが楽でしょう。
ムダ毛の処理を自宅で行いたい場合は、脱毛器を使えば、いつでも脱毛ができます。
ムダ毛の処理を効果的に行う脱毛器は比較的高価ですので、よく検討するようにしてください。一本一本を手作業で脱毛していたとしても、手間も時間もかかってしまう作業な上、なんと、肌にも悪影響という事実があります。
それが引き起こすものには埋没毛や炎症などの嫌な肌トラブルがありますから、できれば別のやり方で脱毛する方が肌トラブル回避の近道になるでしょう。
あくまでも毛抜き派の方には、毛穴が開くバスタイムに清潔な毛抜きを使い、忘れずに保湿することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です